【失敗談】Youtubeプレミアムはインド価格で登録できない?エラー原因と対処法を紹介

当サイトのリンクには広告がふくまれています。

インドからYoutubeプレミアムに登録すると安いって聞いたけど本当?

Youtubeプレミアムは通常、月額1,180円ですが、VPNを使うと安く登録できることが分かっています。

もし、インドから登録できたとすると、月額約220円で利用できます。

しかし、2024年6月現在、インドVPNで登録できません

本記事では、Youtubeプレミアムにインドから登録を試みた結果と対処法を紹介していきます。

登録できる国の一覧は下の記事に紹介していますので、ご覧ください。

クリックできる目次

インドからYoutubeプレミアムに登録できない理由

なんでインドから登録できないの?

Youtubeプレミアムをインド料金で登録するには、VPNでインドに接続して登録することになります。

インドから接続されているように認識されれば、Youtubeプレミアムの料金が「129IDR(インドルピー)」で表示されます。

以前はインドで登録できていましたが、2024年6月現在ではインドルピーの表示になりません。

インドルピーの表示にならない原因としては、Youtube側がVPNへの対策を強化していることがあります。

また、2022年8月からインドのVPN規制が厳しくなっており、インド国内にサーバーを設置しづらくなっていることが挙げられます。

↑目次に戻る

検証:インドから登録できないのか?

ここからは実際にインドからYoutubeプレミアムに登録できるのか、検証していきます。

Youtubeプレミアムに登録するには以下のステップが必要になります。

登録ステップ
  1. VPNサービスに登録
  2. VPNでインドに接続
  3. Youtubeプレミアムに登録

大手VPNサービス5つ+無料VPN1つで試していきます。

検証①:NordVPN

NordVPNの接続先にインドがなくなっていました。

以前はNordVPNでインドに接続できていましたが、2024年6月現在、接続できません。

理由としては、2022年7月から施行されたインドの新しいVPN規制で、接続ログを保存する義務が発生したためと思われます。

ノーログ(接続ログを残さない)ポリシーを宣言しているNordVPNが撤退した理由もわかります。

そもそもインドに接続できない……

↑目次に戻る

検証②:Surfshark

次にSurfsharkで試していきます。

Surfsharkには「Delhi(デリー)」と「Virtual Location(仮想ロケーション)」があります。

仮想ロケーションとは

実際にはインド国内にサーバーはないが、近隣の国のサーバーに接続してインドから接続しているように偽装する方法

この2つのサーバーに接続して検証していきます。

インド-Delhi
インド-Virtual Location

VPNでインドに接続後、Yotubeにアクセスします。

Youtubeプレミアムの登録にトライします。

しかし、「Delhi(デリー)」は、£(ポンド)表記、「Virtual Location(仮想ロケーション)」は€(ユーロ)表記になってしまいました。

スクロールできます
VPN海外料金日本料金
正しいインド料金129INR
(インドルピー)
約220円
Delhi
(デリー)
11.99£
(ポンド)
約2,000円
Virtual Location
(仮想ロケーション)
11.99€
(ユーロ)
約1,800円

このまま登録すると、日本料金より高くなってしまうので失敗です。

インド-Delhi
インド-Virtual Location

↑目次に戻る

検証③:ExpressVPN

ExpressVPNからインドサーバーに接続するには「インド(イギリス経由)」を選択します。

ExpressVPNからインドへの接続は、イギリス経由(仮想ロケーション)しかありません。

以前はインド国内の物理サーバーがありましたが、インドのVPN規制により現在はありません。

Youtubeに接続し、インド料金に変わっているか確認します。

しかし、£(ポンド)表記になってしまいました。

ExpressVPNでも登録はできませんでした。

↑目次に戻る

検証④:CyberGhost

続いてはCyberGhostになります。

CyberGhostを起動してインドに接続します。

このまま、Youtubeにアクセスし、Youtubeプレミアムの料金を確認します。

IDR5.9万(インドネシア・ルピア)の表記になってしまいました。

ちなみに5.9万インドネシアルピアは、約560円になります。

日本(1,180円)よりは安いですが、本来のインドルピーだと約220円なので、倍以上高くなってしまいます。

CyberGhostも失敗に終わってしまいました。

↑目次に戻る

検証⑤:PIA(Private Internet Access)

次の検証はPIAです。

PIAを起動して、インドに接続します。

Youtubeにアクセスして、料金を確認。

先ほどのCyberGhostと同じようにIDR(インドネシア・ルピア)になってしまいました。

またしても、失敗です。

↑目次に戻る

検証⑥:VPNネコ

最後は無料VPNのVPNネコです。

本来、無料VPNは情報漏洩の危険があるため、使用しません。

ここでは検証用として使用していきたいと思います。

インドに接続して、Youtubeプレミアムの料金を確認します。

日本円の1,180円のまま、料金が変わりませんでした。

↑目次に戻る

インド料金で登録できるか検証した結果

ここまで6つのVPNサービスで試してきましたが、いずれもインド料金にはなりませんでした。

以前はインドで登録できていたものの、年々VPNの規制が厳しくなっています。

VPN検証結果
インドサーバーなし
11.9£(ポンド)
11.9€(ユーロ)
11.9£(ポンド)
5.9万IDR
(インドネシア・ルピア)
5.9万IDR
(インドネシア・ルピア)
1,180円

↑目次に戻る

インドから登録できない場合の対処法

ここまで解説してきたように、2024年6月現在、Youtubeプレミアムをインドから登録することはできません。

なぜなら、VPNでインドからYoutubeにアクセスしてもINR(インドルピー)の表示にならないからです。

最新の登録できる国の情報は下の記事に詳しく掲載しているので、ご覧ください。

↑目次に戻る

この記事を書いた人

VPNは5年ほど前から国内外で愛用。VPNの便利さに気付き、今はVPNに関するお得な情報を発信する活動をしています。記事内容の実践結果や質問、感想をコメントにいただけると、とても喜びます。

クリックできる目次