YoutubeでAdBlockなどの広告ブロッカーが効かなくなった?対処法を紹介

当サイトのリンクには広告がふくまれています。

YoutubeでAdBlockが使えない?

AdBlockはYoutubeの広告をブロックできるChromeの拡張機能。

Youtubeプレミアムに登録せずに、Youtubeの広告を飛ばすことができて人気の拡張機能です。

しかし、AdBlockdが効かなくなってしまいました。

本記事では、AdBlockが効かなくなった時の対処法を紹介します。

当サイトではYoutubeプレミアムに安く入る方法も紹介します。
詳しくは下の記事をご覧ください。

クリックできる目次

AdBlockが効かなくなった理由

なんでAdBlockが使えなくなったの?

Youtube側がから広告ブロックアプリへの規制を強化したためです。

4月16日にYoutubeヘルプで発表がありました。

引用:Youtubeヘルプ
日本語訳
YouTube の利用規約に違反するサードパーティ アプリ、特に広告ブロック アプリに対する取り締まりを強化しています。
これらのサードパーティ アプリを使用している視聴者は、動画を視聴しようとするとバッファリングの問題が発生したり、「次のコンテンツはこのアプリではご利用いただけません」というエラーが表示されたりすることがあります。YouTube の利用規約では、サードパーティ アプリが広告をオフにすることは許可されていません。これは、広告をオフにすると視聴者数に対するクリエイターの報酬が失われるためです。YouTube の広告はクリエイターをサポートし、世界中の何十億もの人々がストリーミング サービスを利用できるようにしています。また、完全に広告のない体験を好む方もいることは理解しており、YouTube Premium を提供しています。
サードパーティ アプリが API を使用することは、API サービス利用規約に従う場合にのみ許可されており、これらの規約に違反するアプリが見つかった場合は、プラットフォーム、クリエイター、視聴者を保護するために適切な措置を講じます。

Youtubeは広告収入で運営されているので当然の動きです。

広告ブロックアプリを野放しにすると広告収入の減少につながってしまうため、取り締まりが強化されています。

AdBlockが効かなくなった時の対処法

AdBlockが効かなくなった時の対処法を紹介します。

①Youtubeから一度ログアウトする

Youtubeから一度ログアウトしてください。

メールアドレスとパスワードを入れて、Youtubeにログインし直してください。

②AdBlockを一度無効にする

AdBlock一度無効にしてください。

その後、有効にして試してみましょう。

③AdBlickを最新バージョンにする

AdBlockが最新バージョンでない可能性があります。

アプリ側でブロック解除の最新バージョンがリリースされているかもしれません。

最新バージョンにアップデートしましょう。

④AdBlock再度インストールする

以上のことを試してもダメな場合は、AdBlockを一度アンインストールしてください。

その後、インストールして試してみましょう。

AdBlockの代替方法

AdBlockの代わりとして、代替アプリとVPNを使った登録方法も紹介します。

代替方法①:代替アプリ「brave」

AdBlockの代替アプリとして「Brave」があります。

「Brave」は広告ブロック機能を搭載したブラウザアプリです。

設定を変更すれば、バックグラウンド再生も可能です。

しかし、動画視聴専門のアプリではなく、ブラウザアプリになっているので、やはり使いづらさがあります。

使いづらい……

代替方法②:VPNサービスを利用

VPNというサービスを利用すると、月額100円台でYoutubeプレミアムを利用できます。

お金かかるんかい!

通常、Youtubeプレミアムは月額1,280円ですが、90%OFFで使うことができます。

しかも、公式のYoutubeアプリを利用できるため、機能制限は一切ありません。

その方法とは、VPNを使って国外の価格でYoutubeプレミアムに登録する方法になります。

詳しくは下の記事に掲載していますので、気になる人はぜひご覧ください。

この記事を書いた人

VPNは5年ほど前から国内外で愛用。VPNの便利さに気付き、今はVPNに関するお得な情報を発信する活動をしています。記事内容の実践結果や質問、感想をコメントにいただけると、とても喜びます。

クリックできる目次